うつ病は薬だけでは完治しない?

 

うつ病で病院で診察を受けると殆どの場合は
抗うつ剤(精神安定剤)などの薬を処方されます。

 

うつ病 薬物療法

 

様々な種類の抗うつ剤やSSRI、SNRI、
NaSSAなどの薬がよく処方されます。

 

薬物療法はうつ病の治療法の中でも、
一般的と言えますし薬物療法が効果的になることも多いです。

 

ただし、薬に頼るだけでは
うつ病を治すことができるとは限りませんし、
あまり薬に依存するのもよくありません。

 

薬を飲み続けている人もいると思いますが、
次第に薬の効果が薄れていく人も珍しくありません。

 

さらに薬には副作用の心配もあります。副作用は個人差がありますが、
どんなに副作用の心配が少ない薬でもリスクがゼロの訳ではありません。

 

そして薬物療法は薬を飲むのをやめると
うつ病が再発(ぶり返し)してしまう心配があるのもデメリットです。

 

薬物療法によってうつ病が治ったと思っても、
それは薬の効果で症状を抑えていただけというケースもあります。

 

薬物療法は補助的なものと考え、
薬に頼りすぎないことが大事です。

 

そして薬に頼らなくてもうつ病は治すことが可能です。

 

うつ病 自分だけで治す

 

むしろ副作用のリスクなどを考えるのであれば、
薬なしでうつ病を治すことが理想となりますし、
うつ病を完治させ再発のリスクも低くなると思います。

 

薬に頼らなくてもうつ病を治せる方法の一つが
荒木式うつ病改善プログラムです。

 

通院や薬を必要とせず、自分だけで取り組める
うつ病を治療するプログラムです。

 

私もこのプログラムで鬱を自力で治すことができました。

 

>> 【荒木式】うつ病改善プログラムの詳細はこちら

 

うつ病を自力で治す

 

薬に頼ることは身体にも良いとは言えませんし、
完治の為にも荒木式うつ病改善プログラムを試してみてください。