うつ病と対人恐怖症のどちらも克服できた方法

 

私はうつ病で引き込もりだった時は、
あまり意識していませんでしたが対人恐怖症でもありました。

 

人と会いたくないということが、
うつ病の原因ともなっていたのかもしれません。

 

仕事をしたいと思っても、
人と会う必要があると考えるとやる気が出ないという感じでした。

 

実際にうつ病だった時は、
そのように分析することもできませんでしたが・・・

 

うつ病などの精神疾患は、
恐怖症や強迫性障害、適合失調症、パニック障害など、
複数の症状を誘発してしまうことも珍しくありません。

 

実際に私もうつ病と対人恐怖症を併発している状態でした。

 

うつ病 対人恐怖症 併発

 

以前の私と同じように、うつ病と対人恐怖症を併発し
仕事ができない状態で引きこもりになってしまう人は多いです。

 

厄介なのは対人恐怖症であると、病院での受診が困難であったり、
何とか一度受診できても通院を続けるのが難しいということです。

 

私の場合は最初のほうは通院やカウンセリングにも行けたのですが、
なかなか治らないことで対人恐怖症も重症化してしまい、
次第に外へ出ることもままならないようになっていきました。

 

そんな私でしたがうつ病と対人恐怖症を、
荒木式うつ病改善プログラムでどちらも治すことができました。

 

荒木式うつ病改善プログラムは自宅で行える治療法なので、
引きこもりになっていた自分でも継続していくことができました。

 

人と会うのに恐怖を感じていたのですが、実践していくことで
鬱病も対人恐怖も次第に薄れていったのです!

 

今はやる気も持続し仕事も続けることができていますし、
普通に人と接することも出来るようになりました。

 

荒木式うつ病改善プログラムは
うつ病はもちろんですが、様々な精神疾患を治せる可能性のあるプログラムです。

 

>> 【荒木式】うつ病改善プログラムの詳細はこちら

 

心の病に苦しんでいる方は詳細を1度読んでみてください。

 

うつ病 対人恐怖症

 

あなたがうつ病と対人恐怖症をどちらも治せるよう応援しています。